FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ
ぽちちっと!
-------- --:-- : スポンサー広告 :

俺的恋愛感 第12話 君を想う。

このお話は、『俺的恋愛感』から派生し、誠を軸に描いた作品です。

俺的恋愛感がまだまだ進んでいないのですが、どうしてもこっちのお話も書きたくなったので、書いていくことにしました。


本編の俺的恋愛感のほうはまだ6話までしか書いてないのですが、ゆくゆくは、『君を想う』と一緒に同時進行で書いていきたいと思ってますので、生暖かい目で見守ってやってください。

それでは『君を想う』の本編をどうぞ。

あいつの気持ちに気づいたのは、中学2年に上がったばかりの頃だった。

1年では3人共同じクラスだったが、2年に上がると俺と恭一は同じクラスになれたのに、圭太だけ他のクラスになった。

授業中の恭一は圭太のクラスが体育をやっているとグラウンドばかりを見てた。

恭一が圭太を見るときの、あの目が嫌だったのを今でも覚えてる。

慈しむような、まるで恋人を見るかのような、あの優しい目。
グラウンドばかり見てる恭一が嫌でよく話しかけた。

圭太が恭一の妹、美由紀を好きなのは、幼い頃から知っていた。
圭太は美由紀が好き。でも恭一は圭太が好き。
恭一の恋は報われない、そう思うと少し安心した。


中学2年のバレンタインの日、恭一は1年の女の子に告白されたと恥ずかしそうに話てきた。
付き合うのか?と聞くと、うん。と即答した。
俺はそれがすごく嫌だった。
圭太を好きなのに、他の女と付き合うのか?とも思ったし、好きでもない女と付き合うと言うことが理解できなかった。

恭一は女と付き合うと言うことをあまり理解してないようだった。
いつも3人で帰ったし、圭太を見る目は変わらなかった。

ホワイトデーの日、恭一は付き合ってた女と別れた。
理由は煩わしいから、と恭一は言っていた。

圭太を見る恭一の目がいつしか自分に向けばいいのにとか考えるようになった。
そう考え始めると、恭一に好かれている圭太を憎く思った。
圭太じゃなくて俺を見て欲しかった。
同じように育ってきたのに、恭一のその目は俺に向けられることはない。そう思うと悲しかった。

3年になったら、受験やらなにやらで3人で帰る事が少なくなった。

暑さもいよいよこれからだという時、受験の息抜きに3人でプールに出かけた。
プールで泳ぐ恭一の姿を見たとき、恭一の裸を綺麗だ思った。

俺はその日の夜、恭一の裸を思い出しながら自慰行為にふけった。
行為が終わるとむなしくなったが、それでも恭一の裸が頭から離れなかった。

圭太を見る恭一のあの目が俺に向いてくれたら、とか圭太抜きで2人で遊びたいとか毎日毎日恭一のことばかり考えてた。
あの夏のプールに行った日以来俺は罪悪感を感じながらも、恭一の裸を想像しては自慰行為にふける。
もう止めようと思いながらも、毎日毎日自分を慰めた。

恭一を好きだと気づいたのは、久々に恭一に会った時だった。

受験シーズン真っ只中の時、恭一と2人でファミレスで勉強会をした。
本当は圭太も一緒に3人で、圭太の家で勉強会をするはずだったのだが、圭太は美由紀ちゃんに買い物に付き合ってと頼まれてそっちに向かった。
勉強会だったが、恭一と一緒にいられることが嬉しかった。

真剣な顔で問題に取り組んでる恭一の顔を見たとき、ああ。俺恭一が好きだ。と思った。
自覚してからは、恭一と一緒にいるとドキドキした。
勉強会なのに全く問題が頭に入らなかった。

髪をかきあげる癖も、抱きしめたら折れてしまいそうな細い体も、ライトブラウンに染めた髪の毛も、全てが愛しかった。

スポンサーサイト

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ
ぽちちっと!
2014-11-21 21:43 : 俺的恋愛感 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ閲覧の注意事項

このブログはBL・ML等、男同士の恋愛模様の小説を掲載しているブログです。
下記に該当するかたは、速やかに退出くださいますようお願いします。

男同士の恋愛ものが駄目な方、性描写の駄目な方。
R18指定表現のある箇所がございます。
法廷年齢に届いていない方(18歳未満)は即刻退出してください。

尚、当ブログの著作権は、管理人為三に帰属するものとし、ブログ内の全ての文章・画像の無断転載、二次加工はご遠慮ください。

上記の注意事項を良くお読みになった上で閲覧おねがいします。

プロフィール

為三

Author:為三
為三さんの妄想日記にようこそ。
このブログは為三さんが日々膨らませている妄想を描いているものです。
まだまだいたらない点はございますが、生暖かい目で見守ってやってください。

ご意見、ご感想もコメントにて受け付けております。
内密なお話等は↓にあるメールフォームよりご連絡ください。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ツイッター

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。